一年に一度の大切な日

3年前(2003年)の今日わが家の次男坊のテディーがこの世に生を受けました。
その後紆余曲折を経てわが家にたどり着いたのが、2004年の4月14日。

その時、長男のれおんは極度の分離不安でしたし、れおんパパとしてもれおんがママになついているのを見て、もう一匹を家族に迎え入れようと考えてテディーがわが家の家族になりました。(パパの単純なやきもちですね。はい。)

出合った時のテディーは生まれてから広い場所で走り回ることなくペットショップの小さな段ボールに入っていました。今にして思えば『僕のことを連れて行って、もっと広い場所で走り回りたいよぉ~』と私達に救いを求めていたような気がしていました。

れおんと対面させ相性を見ようとして近づけた時、もうずっと一緒にいたかのようになんとすぐに遊び始めたのです。もうその瞬間かられおんとテディーはお互いを必要としていたかのようにも見えました。そうしてテディーがうちの子になる事が決まったのです。

b0079190_15191682.jpg

本当に仲良しな二人です。買い換える前の車には姉の事度もチャイルドシートが乗っていたのですが、狭いのにその上に二人して乗って外を眺める事が多かったのを覚えています。
いまはクレートの中なので、いつにもこの風景は見ることはありませんが。。。

b0079190_15192733.jpg

まだまだチビだった時代、自分の時間が欲しくなると狭い場所に忍び込み、なかなか出てこなかった事もありました。いまの体格では絶対に無理なソファー裏もその一つ。

b0079190_15193941.jpg

今でも名残はありますが、テディーのお口の周りは典型的ケアーンの象徴でもある、泥棒顔です。これが溜まらず命名をするときには熊吾朗にしようかと思ったりしていました。

b0079190_15194566.jpg

うちに来た当初は今に比べてもう少し茶色が濃かった様にも思います。

b0079190_15195648.jpg

お祭りにあわせて買ったれおん兄のお古を着ての一枚。この頃はまだまだ定価でお洋服をおそろいにしたり余裕がありました。この頃はね。。。

b0079190_15234360.jpg

これが最初の頃まだ他のワンちゃんが苦手ではなかった頃。テディーがまだまだスリムで、ドッグランなのに不安そうな表情をしていませんよね。

b0079190_15245094.jpg

初トリミング後かな?今でもそうですがテディーはれおん家の中ではダントツの子顔さんです。まだまだケアーンらしくするためにがっつりとストリッピングをして短めだった頃ですね。

b0079190_15271676.jpg

2005年の年賀状用の写真撮影です。ちなみに我々のイスの肘掛は、れおん兄の分離不安でガジガジされてしまった物です。結局違う用途に使われることになりましたが、、、

b0079190_15285289.jpg

こちらもお祭りに参加したときの一枚です。みんなに愛想を振りまき『イィ~』のお顔で可愛がってもらっていました。

b0079190_15332021.jpg

これも年賀状用に撮影した一枚です。カメラを向ければ遊んで欲しくてこの『イィ~』のお顔ばかりです。

テディーがウチに来てから生活がガラッと変わりました。当然ファルコンが来た時もそうでしたが、れおんの分離不安が解消したかと思えば、その後大型犬に噛まれて臆病になったテディーを何とかして救ってあげたくて色々なお勉強をしたり。(主にれおんママがですが)

ただひたすらに一途にボールを追いかける姿、誰かを可愛がっているとすぐに横は入りをして「僕も僕も~」と甘えてくるところ。ご飯が好きで疑いもせず丸呑みをしてしまう所。ママが大好きでママが背中に張っていたホッカイロを食べてしまって入院したりする所。

いろんな所をひっくるめてわが家の次男坊のテディゴンになるのですが、確実にこの子は私が落ち込んでいるとき、疲れているときもいい意味で気を使わず和ませてくれているような気がします。時にしつこすぎてイライラする事もありますが、テディーの『イィ~』の笑顔に癒され、助けてもらっている気がします。

テディーをはじめれおん兄、末っ子のファルコン共々これからも少しでも彼らが笑顔になって欲しいから、時に投げ出したくなる仕事もがんばれている気がします。

ずっとずっと彼らと楽しくのんびりと過ごしていたいから。

誕生日なのにいつもと大してかわらない一日ですが、今年一年テディーにとって楽しい一年になる事を心から願って、Happy Bairtday Teddy!!!これからもよろしくね!
[PR]
by leotefa | 2006-09-05 16:12 | テディー
<< 油壺海水浴オフ会2006! マイナー犬限定祭り その2 >>