東中野で迷子ケアンを発見_続き

ケアーンテリアのりゅう君(仮名)の飼い主さんを探しています。

b0079190_0325819.jpg

                 詳細はこちらから

先日↓のブログでも書きましたが、ひょんな事から放浪しているケアーンテリアを救いあげていただき、その後れおんのお兄ちゃんにあたるふうが家で一時預かりをしてもらっています。とっても可愛い子ですが、しっかりとケアーンの血が流れているであろう事も確認済みです。

ふうが家で引き取る事になった際にも、お医者様の話では1~3歳位であろうとの事でしたが、行動や体系、肉付き等も確認しましたが、どうやらパピーなんではないかという感じもしました。

2週間以上たった今も、ふうが家も忙しい中あの手この手を尽くしていますが、飼い主さんからの連絡は入っていないそうです。放浪していたという事で考えられる点としてはこんな所かと思います。

①『迷子になった』
※保護した時はハーネスは着いていたそうです。でもこのハーネスがきつかったようで、赤くなっていたそう。飼い主さんが愛情をかけていれば気がついたはず。ハーネスの種類も一般的なショップで購入できるもので、磨耗している感じも無し。確保時にリードが着いていたかは不明です。

②『逃げてしまった』
※雷や大きな音で家を飛び出してしまった。でも屋外飼いという感じもしませんし、家の中を抜け出してしまったなら、ハーネスをつけたままで家の中にいるか?どうかは疑問です。それに結構音に対しては臆病な所があって、遠くから放浪してきたという仮設も信憑性が薄い気がします。

何よりもまず、逃げてしまったのなら、何が何でも探すでしょう。でも保健所、警察、Webで迷子犬登録までしているのに、誰も名乗り出ていないのです。

③『捨てた』
※どこかから車などで連れてきて捨てた。それを偶然保護した。

考えたくは無いですが、③の線が強い気がしています。①や②ならネットが使えない環境にいても、愛情があれば探す手を何が何でも広げるはず。いくらお年寄りでも、家族がいればネット環境はあるでしょう。

ケアーンを心から愛しているのであれば名乗り出てもらいたい。でもそれもかなわないなら、誕生日、ワクチン摂取の実施有無、狂犬病注射の摂取有無、そして名前だけでもいいので名乗り出てもらえないでしょうか?

我が家でも預かってあげられるなら、預かってあげたい。でも住居の事情でそれは出来ない。

こんなにもケアーンらしいケアンで愛くるしい子を幸せにする為にも、どうかご連絡を下さい。
飼い続けることが出来ない、どうしようもない事情があったとしても、次の飼い主さんにバトンを渡す為の協力だけはしてもらえないでしょうか?

b0079190_0565015.jpg

どうか僕の情報を教えてください。
[PR]
by leotefa | 2006-11-26 17:00 | 日々のあれこれ
<< 2日間の出来事11月29日編 れおん兄ちゃんの兄ちゃん >>